がん保険に加入する時の注意点

がん保険に加入する時の注意点

がん保険には、知っておかなければならない注意点がいくつかあります。

一つ目は、待期期間があるということです。
待期期間とは、がん保険の保障が始まるまでの期間のことで、保険申込み書に記入し、告知を行った後、第一回目の保険料を支払った日から90日の間は保障の対象となりません。
この90日間が待期期間となります。もし、この90日の間にがんと診断されたときには契約が無効となり、支払った保険料のみ返還されます。このシステムはがん保険特有のものです。

二つ目は、がんと診断された時のみ保証される保険であるという点です。その名前の通り、保証されるのはがんである時だけです。それ以外の病気やケガ、死亡時には保証されませんので、別に医療保険や死亡保険に加入する必要があります。
または、がん保険に特約を付けることで、病気やケガの保障を補えるといった保険を扱っている会社もありますので、そういったものを選ぶことでがんの時だけでなく、病気やケガの時も安心です。

以上の注意点に気を付け、もしもの時の備えとして、健康なうちにしっかりと保険に入っておきましょう。保険に入る年齢が若いほど保険料も少ない金額になりますので、早めに検討することをお勧めします。キレイモキャンペーン

最新のお知らせ

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。