がん保険で受け取ることのできる給付金

がん保険に加入していれば、がんと診断されたときに様々な給付金を受け取ることができます。
いくつもある保険会社で共通して保障されている給付金は、がん診断給付金、がん入院給付金、がん手術給付金、がん死亡給付金があります。

がん診断給付金とは、医師からがんと診断を受けた時に支払われる給付金です。
診断時、一回だけ受け取ることのできる保障内容の保険と、診断ごとに何回も受け取ることのできる保障内容の保険があります。

がん入院給付金とは、がんで入院した時、「入院日額かける入院日数分」の給付金が受け取れるというものです。日数に上限がないので、繰り返しの入院でも長期間にわたる入院であっても、入院している間ずっと給付金が支払われるというのが大きな特徴です。

がん手術給付金とは、がんで手術を受けた時に支払われる給付金のことです。手術の箇所や種類によって、入院日額の10倍、20倍、40倍など給付金額が決定します。
がん死亡給付金とは、がんが原因で死亡した時に支払われる保険給付金です。これも入院日額の100倍など日額によって金額が決まるのが通常です。

その他にも、がん通院給付金のようにがんの治療を目的とした通院でも給付金が支払われるものもあります。つけることのできる特約も保険会社によって違いがありますので、保障内容と特約をきちんと確かめてから、がん保険を選ぶことが重要です。キレイモキャンペーン